賃貸は敷金礼金がある物件と無い物件がありますが、このメリットとデメリットは覚えておきましょう。

賃貸の敷金礼金の有無のメリットとデメリット
賃貸の敷金礼金の有無のメリットとデメリット

賃貸の敷金礼金の有無のメリットとデメリット

賃貸は敷金礼金がある物件、そして無い物件があります。初めて賃貸探しをするときに敷金礼金はあるほうが良いのか無いほうが良いのか分からないことがあると思います。そこで、敷金礼金の有無のメリットとデメリットを紹介しておきます。賃貸の敷金礼金のメリットとデメリットを紹介する前に敷金と礼金の内容を知っておかなければなりません。敷金とは頭金として、賃貸生活でお部屋の修理や賃料を支払えない時に差し引くお金です。礼金は大家さんにお礼として支払うお金です。

まず、賃貸の敷金はあるほうがメリットと考えることが出来ます。入居時にまとまった金額を支払うことはデメリットですが、退居するときに部屋の修理費用などを請求されることがあるので、敷金が0円の物件は大抵退居時にお金を請求されます。どれだけ賃貸でトラブルなく生活できるのかによってメリットとデメリットは変わってきます。礼金はない方がメリットであり、礼金を支払うことはデメリットしかありません。これはお礼のお金ですし、退居時にお金は戻ってきません。敷金は退居時に修理費などを差し引いて残った金額が戻ります。

このように賃貸の敷金礼金の有無によってどのようなメリットやデメリットがあるのかを知っておきましょう。